声優

ナレーションが上手くなるためには…?

先日、知り合いの声優さんから「ナレーションが上手く出来ない」という相談を受けました。
良い機会なので今回はナレーションをするときのコツ的なお話を。

声優活動をされていながら、「ナレーションが苦手」という方は結構いらっしゃいます。
かく言う自分もその一人でした。
今では声優活動のメインの収入源になるくらいにはマシになりましたが、それも血反吐吐くくらいの苦労はありました…どうすればナレーションが上手くなるのかが分からなかったからです。

数えきれないほどの練習をしたものの、苦手意識と先入観が邪魔をしてなかなか上達しませんでしたが、ある日、ふとしたきっかけで「あ、そういうことか!」と気付けたからこそ今があるといえます。

というのも、演技をする時とナレーションをする時では求められているものが違うからです。
それに気付けないと、「不自然に抑揚がつくわざとらしいナレーション」になったり「変に無感情になる機械的なナレーション」になったりしてしまいます。

基本的に声優が演技している時の言葉は「感情ことば」であり、ナレーションをする時の言葉は「事実ことば」と言われるものです。

「感情ことば」は、基本的にその人物が「現在どういう心境なのか?」が伝わればいいので、セリフの内容はそこまで重視されません。流れで何となくその人物が喋っている内容、喋るであろう内容を予測出来るからです。

ですが、ナレーションに必要な「事実ことば」というのは、そういうごまかしが利きません。

その与えられた文章の中で「何が重要なのか?」「何を伝えなければいけないのか?」。
そのために文章の分析と組み立て方を考えないといけないからです。

大抵の人はそれが出来ていないため、「ここが多分重要な言葉だ。」「ここは強調しよう。」という部分的なところだけで判断して、そこを音の上下だけで抑揚をつけてしまうために変なナレーションになってしまいがちです。

ナレーションは、まず文章の全体像を見て、その文章の中で「何が重要なのか?」「何を伝えなければいけないのか?」を判断して、そこに収束していく読み方をしていかなければいけません。


例として、相談された原稿を読んでみたのでこちらを参考してみてください。

原稿は、今年の「81Produce」のオーディションのナレーション原稿だそうです。
http://www.81produce.co.jp/audition/application_10th.shtml








文章には「主語」「述語」、そして「目的語」「補語」などがありますが、一番重要なのは「何が」「どうした」という「主語」と「述語」です。
そして「目的語」「補語」は「述語」に対してかけられる言葉であり、読むときはそこに収束するように読むことが相手に伝わりやすいナレーションのポイントとなります。

例えばこの原稿の最初の部分の

「東京スカイツリーは高さ634mの世界一の電波塔で、」

というのは、重要なのは「東京スカイツリーは」「電波塔」という事。
そして「電波塔」を補語するのは「高さ634mの」「世界一の」という言葉であり、「電波塔」に収束していく読み方をすることにより「どのような電波塔」なのかが相手に伝わりやすくなるのです。

おそらくナレーションが苦手な人は「634m」と「世界一」という言葉だけを抑揚をつけて立ててしまい、不自然なナレーションになってしまうのでは無いでしょうか?

確かに部分的に見ればその単語は重要そうに見えてしまいますが、文章の全体像を見るとその単語は電波塔を表すための修飾的な言葉でしかありません。

何度も言いますが、「その文章は何を言いたいのか?何を伝えたいのか?」を正しく理解することがナレーションが上達する一番のコツになります。
ナレーションに「分析」と「組み立て」が必要だというのはそのためです。ナレーションは基本的にその法則の繰り返しなのですから。


今回の読み方はNHKなどでよく使われるストレート系のナレーションで、バラエティなどになるとまた求められるものが違ってきますが、基本的な所は同じです。
まずはオーソドックスなストレート系がしっかりと出来るように練習しておきましょう。

特に先程も名前を出しましたが「NHK」は上質なナレーションの宝庫なので、うまくなりたい方はそちらをまず参考にした方が良いと思います。
(バラエティ系やCMナレーションは癖が強いものが多いので、慣れないうちは参考にすると逆効果な場合が多いです…(;一_一))

頑張ってみてください。

理想の日本のお父さん。

これから、故・永井一郎さんのお通夜に参列してこようと思います。

直接、お会いしたことは御座いませんでしたが、業界に残した功績を考えると、仮にも声優として活動する身としては最後くらいは、この場を借りてご挨拶させて頂こうと思ったので。

本当に、今でも信じられません。
お悔やみ申し上げます。

明日は「こえんた♪」やるよ。

いつも上げるのが遅くて申し訳ないのですが、ようやく明日の「こえんた♪」の進行台本が上がりました。
セリフを文章に書き起こす作業がどうも苦手だわ…性分かな?




明日は初めてゲストも来ますし、どうぞお楽しみに♪

僕も楽しみです。
佐藤さんの紹介だから、まだあったことないのよね…(´・ω・`)
(でも経歴見ると、僕よりちゃんと声優してるわ…(;一_一))

基本的に、運は無いほうですよ、僕は。(´・ω・`)

先日、こえ部で行われた「ギルティクラウン」一言声優オーディションの結果が出まして、惜しくも次点でした・・・(´・ω・`)

うーん・・・もう少しだっただけに、この評価もうれしいけど、くやしいものがあります。
でも、ここまでくると、後は使う側の感性の問題(役に合うか、合わないか)になってくると思うので、そこら辺になると運の要素が強くなってくるし、なかなか難しいです。

とりあえず、この結果を受け止めて、次を目指して頑張ります!(`・ω・´)
今は、こえ部で「美朗読コンテスト」をやってるので、明日から週末でお休みなので、収録して投稿してみようかと思ってます。

最近は台詞をしゃべることが多かっただけに、朗読の力はどのくらいになってるのか試す、いい機会かなと思ってます。がんばろう!


さて、話題は変わりまして・・・

最近、うちのバイト先である「セブンイレブン」では、ラブプラス関係のイベントや商品が入荷してきてます。
そういえば、延期されて無ければ今日発売だったんだよなぁ・・・だからか・・・(´・ω・`)

その中で、DSをつかったスタンプラリーをやっていて、5つスタンプを集めるとステッカーがもらえるので、バイト先という強みを利用して・・・

ラブプラスステッカー


5つ集めてもらってきました♪
うちの3DSに貼ったら、軽い痛3DSになりそうだなぁw


それから、Amazonで注文してた

kissa×sis9巻


「Kiss×sis 9巻」も届いたので読んでみました♪

いやぁ、今回は三日月と桐生先生の巻でしたな!

どちらかというと、年上なのにどじっこ&お姉さん属性の桐生先生押しです、僕は!


実年齢では、僕の方がかなり上だけどね・・・(´;ω;`)

こえ部で、ノイタミナアニメに出られるオーディションが開催中!

また、こえ部で、面白そうなオーディションが始まっていたので、収録してUPしてみました。





前回も「C」でこういうオーディションがありましたが・・・今回は2つ同時にオーディションということで、チャンスも2倍!

かといって、それでも採用されるのが難しいのが業界の厳しいところです。(´・ω・`)


アニメ声優になるための道がなんとしても欲しいのですが・・・そろそろ、そういうコネクションがほしいです。
MENU
イベント参加告知
===================
お仕事のご依頼方法
録音環境
お仕事履歴
ボイスサンプル
===================
ネットラジオ
同人活動
ニコニコ動画
こえ部
リンク&バナー
Twitter
プロフィール
にゃーっ!
(作:なるたえさん)

☆管理人:ま〜坊


フリーの声優の淺川正寛です。
ネット上では「ま〜坊」という名前で活動しています。

仕事は、ゲーム・ラジオ・ラジオドラマ・ボイスオーバーを主に活動しています。

声のお仕事の依頼は、同人・商業問わず、随時受け付けております。

まずはお気軽に
お問い合わせ下さい。



・サイト名:ま〜坊のまったりたいむ
・URL:http://mahbow-relax-time.blog.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ